2008年09月24日

「早稲田地球感謝祭2008」大盛況!

早稲田地球感謝祭2008で賑わう早稲田大学キャンパス

9月23日、早稲田大学早稲田キャンパスで「早稲田地球感謝祭2008」が開催された。
早稲田地球感謝祭2008・挨拶をする中山弘子新宿区長このイベントは早稲田大学周辺7つの商店会で構成される「早稲田大学周辺商店連合会」が主催する地域イベントで、1996年にはじまった前身の「エコサマーフェスティバル」から数えると今年で13回目。

好天に恵まれ、会場には地元にお住まいの方を中心に大勢の方が訪れ、例年以上の賑わいとなった。

今年のテーマは、「私が地球にできること」。早稲田地球感謝祭での環境・防災・地域の文化祭・パフォーマンスなどといった様々なジャンルでの企画を通じながらテーマを見いだすきっかけ作りをおこなった。

早稲田地球感謝祭2008・屋内での企画も大盛況今回は、環境への新たな取り組みとして、来場者へ「MY箸の持参」を呼びかけた。
MY箸を持参し、会場内の模擬店で食べ物を購入すると「抽選券」がプレゼントされ、「抽選会」に参加できるものだ。
「抽選会」では「東京ディズニーリゾートパスポートチケット」や、ニンテンドーDSの人気ソフト「ポケットモンスター プラチナ」、当日地球感謝祭に参加した全国各地の物産品、環境・防災グッズなどが景品として用意されており、大勢の方が参加。
これまで課題でもあった「割り箸」の大幅削減につながった。

また、大隈大講堂では「早稲田の街の音楽祭」が初めて開催された。
地元小中学校によるブラスバンドや合唱の演奏が行なわれ、昨年新しくなった大隈講堂での演奏を出演者も観客の皆さんも楽しんだ。

早稲田地球感謝祭2008・早大生らによるステージでのパフォーマンス早稲田地球感謝祭は商店会で主催しているが、企画には商店会はもちろんのこと、新宿区や警察署をはじめ、地元早稲田地域の小中学校、福祉団体や、早稲田大学学生団体などが参加している。
またスタッフとして商店会だけでなく、早稲田祭運営スタッフや環境ロドリゲス、まっちワークグループ早稲田などといった早大学生団体やOBが関わっており、まさに早稲田に関わるあらゆる所属、立場の方が関わる「早稲田らしい地域イベント」だ。

地球感謝祭が終了すると、早稲田大学の授業が再開され、早稲田のまちには学生たちの賑わいが戻る。10月〜11月には商店会、学生、大学の様々なイベントが企画されており、秋のイベントシーズンを迎える。

新宿区ニュースリリース
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/whatsnew/pub/index.html
posted by わせまち記者2号 at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。