2008年10月06日

第23回 早稲田青空古本祭

古本祭で賑わった穴八幡宮

10月1日から6日まで、地下鉄早稲田駅近くの「穴八幡宮」で
「第23回早稲田青空古本祭」が開催された。
古本の街でもある早稲田のまちで開催される古本市では年1度の最大イベント。

たくさんの古書が並ぶ会場期間中は最終日の今日を除けば比較的好天に恵まれたこともあり、早稲田の街の住民や早稲田大学学生・教職員等、多くの方が会場となる「穴八幡宮」に訪れた。

毎日30万冊が並ぶ会場では、読書の秋のお供の本を探そうと並ばれた本をくまなく見ている姿が印象的だった。

早稲田の街は神田・神保町に次ぐ「日本第二の古書店街」だ。
文学・歴史・社会科学・・・・各古本店に並ばれる蔵書も豊富だ。
活字離れが続く中、格安で手に入る古書をよんで、博学を高めてみては
いかが?

posted by わせまち記者 at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。