2008年11月17日

早稲田のまちのビール「地ビール早稲田」ラベルリニューアル!

地ビール早稲田ラベルリニューアル

2002年から発売している早稲田の街の地ビール「地ビール早稲田」が、この程ラベルをリニューアルし装いを新たにした。

この地ビールは早稲田大学周辺の商店会で構成される「早稲田大学周辺商店連合会」が企画販売するもので、これまでに
・スタンダードラベル
・早稲田大学野球部ラベル
・早稲田大学米式蹴球部(アメリカンフットボール)ラベル
・早稲田大学創立125周年記念ラベル
が登場しており、今回のリニューアルは5代目のラベル。永年親しまれた「スタンダードラベル」のリニューアルだとのこと。

大隈講堂の時計台と早稲田の「稲穂」が英文字の「WASEDA」にマッチしており、これまでの「早稲田」のイメージを変えるようなおしゃれなデザインとなった。

「地ビール早稲田」は、昨年度より、「早稲田の街の地ビール」ということをアピールするとともに、売上の一部を早稲田の街に役立てるようなことに充てることとしている。
昨年度は創立125周年を迎えた早稲田大学の支援に充てられ、売上の一部から100万円を同大に寄付をした。
今年度は地元早稲田のまちの小学校3校(戸塚第一小学校、鶴巻小学校、早稲田小学校)に対しての支援を予定しているとのこと。
まさに「早稲田のまちづくり」を応援するための地ビールだ。

皆さんも「地ビール早稲田」を飲んで、早稲田の町の活性化に一役かってみるのもいかが?

★「地ビール早稲田」を買うには?飲むには?
○購入する
早稲田大学早稲田キャンパス周辺3店舗の酒店で取り扱っている。
・もちだ酒店 早大正門行西早稲田バス停前
・野田屋酒店 早大通りファミリーマートそば
・リカーショップ小倉屋 地下鉄早稲田駅前夏目坂脇
小売価格:1本380円
通信販売、インターネットショッピングも行っている。

○飲食店で飲む
早稲田大学早稲田キャンパス周辺の約40店舗のお店や、早大生協大隈ガーデンハウス(3階)、大隈講堂脇の「Uni.Shop & Cafe 125」で飲むことができる。
(販売価格はお店ごとに異なります)
posted by わせまち記者 at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。