2008年12月16日

今度の日曜日は穴八幡宮・冬至祭です

穴八幡宮の一陽来復御守

今度の日曜日、21日は「冬至」ですね。1年で最も昼間の時間が短い日です。
そして、早稲田の街で冬至・・・
と言えば、地下鉄早稲田駅近くにある「穴八幡宮の冬至祭」です。

穴八幡宮(穴八幡神社)は金銀融通の神様を奉られたところとして広く知られており、毎年冬至から翌年の節分にかけて毎日「一陽来復」のお守りが頒布されます。
このお守りがあれば1年間”お金に恵まれた生活”ができると言われる、なんとも嬉しいお守りなのです。
毎年関東一円からものすごい数の皆様が早稲田に訪れます。

特に今年は不況の嵐の真っ最中。何が何でも神様にすがりたいですよね。お守りが頒布される冬至の日には特に多くの皆様が穴八幡宮に訪れます。
今年は日曜日とあって昼間の時間帯は混雑が予想され、3時間程度の行列ができる可能性があります。

そんな行列は避けたい皆さん。
「一陽来復」のお守りの効力が発生するには3回チャンスがあります。

お奉りする(御守りを壁に貼り付ける)日は
・冬至の日の24時、
・大晦日の24時、
・節分の日の24時
の”いずれか”でよいのです。

そして、「一陽来復」の御守りは冬至から節分まで毎日もらうことができます。
<御守りがもらえる時間>
冬至から大晦日まで 午前8時から午後7時
(冬至の日は午後9時過ぎまで)
正月から節分まで   午前9時から午後5時

・・・ということは敢えて冬至の日にお守りをもらいに行かなくても大丈夫なのです。

とはいってもやっぱり冬至の日に行きたくなっちゃうのですよね。

★参考サイト★
早稲田の冬至(1日1000アクセス突破!)
http://www.wasedatown.jp/2006/itiyouraifuku.html
穴八幡宮の「一陽来復」
http://www.wasedatown.jp/2007/itiyouraifuku.html
posted by わせまち記者 at 08:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。