2009年04月30日

早稲田の街の皆さんへ「新型インフルエンザ情報」

報道の通りメキシコ発の豚から人に感染した「新型インフルエンザ」について、WHO(世界保健機関)は日本時間30日未明、その世界的な警戒水準を世界の複数国で流行している「フェーズ5」に引き上げました。世界的大流行(パンデミック)を意味する「フェーズ6」の一歩手前ということで、世界的に緊急対策をとることが急務となっている状態となっております。

ただ、日本においては現時点では豚インフルエンザの感染者は確認されていないことから冷静な対応が必要です。以下にそのポイントを列挙しましょう。

★正しい情報の入手
噂やデマに流されることなく、行政機関から発表される情報で確認する。
・厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
・農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/buta.html
・新宿区
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/340700yobo/butainfuru.htm

★海外に渡航する場合
事前に外務省の渡航情報を確認し、渡航について自ら慎重に判断し行動する。
・外務省海外安全ホームーページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://www.anzen.mofa.go.jp/i/(携帯版)

★もし、感染した疑いを感じたら
近所の診療所や病院にすぐ行かずに「発熱相談センター」に連絡し対応を仰ぐ。
新宿区発熱相談センター       電話:5273−3836
東京都発熱相談センター(夜間休日) 電話:5320−4509

★日常の最大の予防策
・人ごみ、繁華街でのマスクの着用
・手洗い、うがいの励行

上記のことをしっかり認識し対応していればなんら問題は要らないでしょう。

なお、早稲田と言えば学生街。早稲田大学の対応は次のようになっております。

『日本国内で人から人への新型インフルエンザ感染が確認』
された時点で、
・全学授業休講で学生は自宅学習
・学生の課外活動禁止
・全キャンパス立ち入り禁止
・自宅外通学者については実家に帰省
・期間は2週間で以後は状況に応じて判断

2007年5月に発生した「はしか休講」同様、万一発生した場合は早稲田のまちは閑散とし、飲食店を中心とした早稲田の商店街には大きな影響を及ぼしそうです。

国内に感染しないことを祈るばかりですね。

※2007年5月の「はしか休講」の時の早稲田の町の様子
http://www.wasedatown.jp/2007/hashika.html
posted by わせまちサポーターズ at 21:18| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本ブログで記事にしております早稲田大学の対応については、5月2日で撤回し5月6日に改めて発表することになりましたのでご注意下さい。
Posted by わせまちオーナー at 2009年05月03日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。