2009年10月13日

「高田馬場流鏑馬」に多くの人が一喜一憂

高田馬場流鏑馬に興奮!

「わせまちブログ」10月6日付記事
http://wasemati.seesaa.net/article/129655413.html
でご紹介した早稲田の街の恒例行事、新宿区無形民俗文化財の「高田馬場流鏑馬」が、今年も、10月12日の体育の日(月・祝)に早稲田大学学生会館前の戸山公園で開催された。

午後1時、穴八幡宮でのお祓いの後、騎手と馬と地元早稲田のまちの町内会の役員達が羽織袴に扮し、地下鉄早稲田界隈を騎馬行列(馬場行列)して流鏑馬会場の戸山公園へ。

2時過ぎから、5人の騎手が3回ずつ特設馬場に設けられた3枚の的をめがけて弓をいるヤブサメを実演した。
見事的中!した流鏑馬の矢
最初は手馴れず的を射るのも至難の技。馬との呼吸が合わずうまく弓を射れなくて、会場からはため息ばかりだったが、そこは今日を目指して皆練習をしてきた騎手たち。
尻上がりに次々と的中させ、1回の流鏑馬で3枚すべての的に的中させるシーンも2回見られ、会場は大歓声となった。


3枚的中するとご褒美に白布がもらえる
3枚的中すると白布が褒美でもらえる


今回も天気にも恵まれ、会場内は混雑した。少しでも馬と勇士の騎手を眺めようと公園内の高台や生垣にも多くの人が見られた。古式ゆかしい日本の伝統なだけに外国の方も多く来場したようだ。中には木に登って見物する若い外国人女性の姿も見られた。

「高田馬場流鏑馬」に多くの人が見学に訪れた
会場内は幾重もの人垣で混雑した
posted by わせまち記者2号 at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。