2010年01月08日

ご存知ですか?早稲田の「まちチョコ」

最近、早稲田界隈のカフェなどでは「まちチョコ」なるものが発売されているそうです。

「チョコ」・・・そうです「チョコレート」です。
ただ、このチョコレートを買うと「国際貢献」ができるとのこと。一般には「フェアトレード・チョコレート」と呼ばれております。

フェアトレードとは日本語では「公正な貿易」と呼ばれますが、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みです。

このフェアトレード・チョコレート「まちチョコ」は、こうした発展途上国で生産された原料で作られたチョコレートで、これを「適正な価格で」みなさんが購入することで、生産者の発展途上国の皆さんに適切な報酬を与えようとするものです。

そして、「まちチョコ」はこのフェアトレード・チョコレートを地域ぐるみで販売していこうと企画されたものです。東京・国立市の一橋大学の「まちづくり」の授業を端にして、同大学周辺で2007年に発売されました。大学周辺のお店ではこうした「まちチョコ」が店頭に置かれ、学生さんや地域の住民の皆さんが購入し、気軽な国際貢献活動が街ぐるみでなされているそうです。

そして、早稲田の街でもこの取り組みがはじまりました。早稲田大学の学生団体「カフェア」が中心となって進めています。早稲田をフェアトレードタウンにしようというが目標だそうです。
早稲田のまちチョコは早稲田周辺5つのお店と早稲田大学生協で販売しているとのこと。

是非お店にお立ち寄りの際は手にとって見てはいかがでしょうか。
ただ、欲しいもの・いいものだったら買う、そうでなければ買わない。これも消費者としてきちんとフェアトレードすることも大切ですね。

そういえば…あとひと月もするとバレンタインだなあ…

■参考
早稲田大学「カフェア」
 →販売店舗についてはこちら
フェアトレードを通じて国立市の地域活性化を目指している学生団体「ラポンテ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★お読みいただきましたら「1クリック」のご協力をお願いいたします★
CoRichブログランキング
@Withブログランキング
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by わせまち記者2号 at 22:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。