2010年03月22日

【連載】早稲田を散歩してみよう その6「大隈庭園」

広大な芝生が広がる早稲田大学大隈庭園

昨日未明の強風と雷鳴に驚きました。でも春の訪れが着々と・・・もしかしたら東京の桜は今日あたり開花するかもしれませんね。
さて、早稲田界隈散策のための連載シリーズ「早稲田を散歩してみよう」。
今日は「その6」です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回紹介した大隈講堂を見て左へ。奥に「早稲田大学大隈会館」があります。これは早稲田大学の本部事務所。大勢の早稲田大学職員の方が日々働く場です。その門を入ってすぐ右側大きな緑あふれる庭園があります。「大隈庭園」です。

「もともと彦根藩・井伊家や高松藩・松平家の下屋敷だったところを、大隈重信の別邸として1874年に構えた場所。構えるにあたって、江戸の面影を残す和様四条家風だった庭園を大隈の好みにより自然を活かした文人風(明治期の京都風の庭)に変えた。当時の庭園の多くは和様四条家風で、東京で京都風の庭園はここが初めてと言われている。没後早稲田大学に寄付。太平洋戦争の空襲で庭園は廃墟と化したが、多くの人々の努力により、ほぼ昔通りの景観通りに復元され今日に至っている。」

園内は大きな芝生があり、昼休みは早大生をはじめ多くの方がお弁当を広げ楽しんでいます。
早稲田大学の施設ですが開園日には無料で開放されており、早稲田界隈のご近所のみなさんや早稲田の街を散策に訪れた方が訪れる光景も見られます。
まさに「早稲田の憩いの場」です。

また、園内を取り巻くように数多くの木が植えられており、池もあり、春夏秋冬季節の四季が楽しめます。

参考:早稲田の庭園・大隈庭園
http://www.wasedatown.jp/2006/ookuma.html

■早稲田大学 大隈庭園
・開園日、開園時間
4〜12月の早稲田大学授業実施日の月・火・木・金・土曜日
11:00〜16:00
(天候によって閉園となる場合があります)
その他、早稲田大学の行事にあわせて開園する時があります。
(例:今度の3月25日(水)の卒業式は8時〜18時まで開園。ただし雨天時は閉園。)

↓案内図はこちら↓
早稲田大学大隈庭園への案内図


次回は早稲田キャンパス正門を入って行きましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★いつも「わせまちブログ」をお読みいただきましてありがとうございます★
↓下記ランキングサイトへの「1クリック」のご協力もお願いいたします↓
にほんブログ村 高田馬場・早稲田情報
CoRichブログランキング
@Withブログランキング
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by わせまち記者2号 at 10:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。