2007年09月25日

早稲田地球感謝祭2007開催される

早稲田地球感謝祭2007わせまちブログでも連日お届けしていた「早稲田地球感謝祭2007」が23日、早稲田大学西早稲田キャンパスにて開催されました。

このイベントは1996年に「エコサマーフェスティバルin早稲田」と題し、環境(エコ)をテーマに開催されたイベントの発展形。環境だけではない様々な早稲田の街に介在するものをテーマに、地元早稲田大学周辺の商店街が中心となり毎年この時期に行われているものです。

祝辞を述べる中山弘子新新宿区長と安井潤一郎衆議院議員オープニングでは中山弘子新宿区長、「エコサマーフェスティバル」の実行委員長を務めていた前早稲田商店会長の安井潤一郎衆議院議員などの来賓が挨拶、その後の会場では、今年も、環境、防災、キッズ、ステージ、模擬店・特産品、街の文化祭、街コミュニティの7つのジャンル、合計およそ100企画が出展。今年は地元の子供たちの賑やかな声が多かったように感じました。
特に今年は「もったいない」をテーマにおき、単なる環境資源の浪費だけでなく、地域に関わる様々な人のもつ得意な分野や、趣味、能力といった、地域資源についても考えてもらおうと各企画が来場者へ「もったいない」メッセージを発信しました。

プラかえるくん環境では来年度よりプラスチック容器包装材が資源ごみとして回収されることを柱とした、新宿区のごみ分別の仕方が変わることから、会場全体で新しい新宿区の分別方法にのっとったごみの回収を行ったほか、飲食店のお皿、コップには「リユース食器」が使用されました。

早稲田防災活動マップ防災企画ではまちづくり学生サークル「まっちワークグループ早稲田」(http://blog.goo.ne.jp/match-work)らによる大隈講堂前に早稲田の防災マップが広げられ、早稲田地域の様々な防災への取り組みが紹介されました。

早大生グループによる合唱また、早大生と団塊の世代とが一緒に一つの歌を歌う企画が行われるなど、世代・立場を超えたさまざまな光景を目にすることができ、まさに”開かれたワセダ”を象徴するイベントとなりました。


なお、地球感謝祭の模様は「早稲田の風景〜早稲田のまちウオッチングサイト〜」(http://www.wasedatown.jp/)でも取り上げる予定です。

■早稲田地球感謝祭公式ホームページ http://www.waseda-town.net/bunkasai/
posted by わせまち記者 at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。