2007年09月29日

【只今開催中】早稲田青空古本祭

9月26日のわせまちブログで紹介しました(http://wasemati.seesaa.net/article/57401387.html
古本祭の巨大のぼりに目が向きます「第22回早稲田青空古本市」が只今開催中です。
本日、土曜日会場を訪れましたので最新レポートをお届けします。
時折雨の降るあいにくのお天気でしたが、会場内はお目当ての本を見つけようと大勢の方がいらっしゃっていました。

文庫・新書のコーナー今年は同じ穴八幡宮を会場とする「高田馬場流鏑馬」が行われる体育の日が8日となったため、カレンダーの都合上少し早まった古本祭。まだ早稲田大学の後期の授業がはじまっていないこともあり、この数でも例年よりかなり少ないだとか。
賑わう早稲田青空古本祭会場穴八幡宮への階段を1つ上りきったスペースでは主に文庫、新書本が廉価で販売。そして、さらに階段を上りきった左のスペースでは巨大テントが出現。文学、歴史、法律、政治、経済、紀行・・・と中には日活ロマンポルノの歴史まで、早稲田の古書店それぞれが蔵書とした20万冊が並んでいました。期間中で本は毎日入れ替えるので期間中全体に並ぶ本は30万冊にのぼるそうです。
全てを見て回るとあっという間に2時間は経ってしまう程、やはり日本人は読書の秋を満喫するのが一番!だと感じました。

雨の中でも熱心に本を探すお客さんあと3日となった「早稲田青空古本祭」
明日30日(日)は早稲田では早稲田駅前の早稲田中学・高校の文化祭(興風祭)も開催されています。
あなたも1日早稲田で過ごしてみませんか?

そして、早大生の皆さん!1日からはじまる授業の合間には是非会場に行ってみるのもいいでしょう。

■第22回早稲田青空古本祭
日時:10月2日(火)まで
   各日10時〜19時(最終日は17時まで)
場所:穴八幡宮境内
(東京メトロ東西線早稲田駅下車徒歩2分、馬場下町交差点角)
ホームページ:http://d.hatena.ne.jp/w-aozora/
posted by わせまちサポーターズ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「関係の空気」 「場の空気」 (講談社現代
Excerpt: 場の「空気」という概念を用いて日本人のコミュニケーションを論じる手法は、著者自身も認めるとおり、山本七平「空気の研究」から直接の着想を得たもの。オリジナリティは、日本語における「ため口」の多用に「空気..
Weblog: 政治が最高によかった
Tracked: 2007-10-01 06:30


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。