2007年12月23日

早稲田・穴八幡宮の一陽来復はじまる

今年も恒例、「一陽来復」のシーズンがやってまいりました。

冬至となった22日は早朝いや、前夜から早稲田・穴八幡宮には金銀融通のお守りとして知られる「一陽来復」のお守り・お札の授与を受ける人々が並び始め、22日の午前5時には既に350名の方が並んでいたそうです。

大勢の人が訪れた穴八幡宮この日は午後から雨が予想されていたたことや、土曜日だったこともあり、例年より早く大勢の方が穴八幡宮に訪れました。午前10時には交通規制が始まり、正午過ぎにはお札を受けるまで2時間近くかかる長い行列ができました。
夕方から雨も本格的となり、逆に夜はスムーズにお守りを受けることができました。わせまちブログ筆者もわずか2分という待ち時間でお守りを手にすることができました。一陽来復のお守りは今年は北側の壁・柱に貼り付けるということです。

みなさん、今日の0時に貼りつけましたでしょうか?
貼り付けるチャンスはまだあと2回あります。大晦日の24時と節分の24時。穴八幡宮では来年2月3日の節分まで毎日「一陽来復」のお守りを頒布しておりますので是非行ってみてはいかがでしょう。
posted by わせまち記者 at 00:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。