2009年08月22日

早稲田の町ぐるみで新型インフルエンザを撃退しましょう!

新型インフルエンザが皆さんの身近に確実に迫っています。

早稲田の街でも決して例外ではありません。
7月25日には新宿区から戸塚第一小学校での新型インフルエンザ集団感染の疑いが発表されました。
※「わせまちブログ」7月25日付記事参照
http://wasemati.seesaa.net/article/124231189.html

この影響もあり、同小学校の児童が中心に参加しており、早稲田の商店街が主催の「早稲田地球感謝祭」の一環イベントとして毎年開催されている「防災キャンプ」が、参加人数の減少により中止になるなど、早稲田のまちのイベントにも一部影響が出ています。

また、早稲田界隈での発症ではありませんが、早稲田大学応援部やラグビー部の早大生の学生さんなどが合宿先で新型インフルエンザに感染したことは新聞紙上でも取り上げられております。

先日19日に舛添厚生労働大臣が新型インフルエンザの「本格的流行宣言」、そして21日に早稲田大学に程近い場所にある国立感染症研究所が新型インフルエンザの正式な「流行」を発表するなど、
学校の新学期の開始、季節が秋・冬へと向かう中で、新型インフルエンザの感染が更に拡大することは必至な状況になっています。

★外出後の「手洗い」「うがい」の励行
★混み合う場所での「マスク」の着用
★咳をするときの「咳エチケット」の徹底

といった予防対策をあらためて確認をし、早稲田地域での新型インフルエンザ感染拡大防止に街ぐるみで取り組みましょう。

<参考>
★「正しいマスクの着用で正しい予防を」
(わせまちブログ5月24日付記事)
http://wasemati.seesaa.net/article/120118322.html

★新宿区健康部保健予防課
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/340700yobo/butainfuru.htm
posted by わせまち記者 at 01:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

早大オープンキャンパスで早稲田界隈の飲食店巡り

さて、8月1日(土)・2日(日)・3日(月)は早稲田大学のオープンキャンパスが行なわれます!
http://www.waseda.jp/nyusi/oc/index.html

私学の雄の早大だけあって、期間中は関東はもとより全国から大勢の高校生・親御さんが早稲田大学へ訪れるとのこと。昨年度は期間中6万人!の来校者があったそうです。

早稲田といえば、今は薄れたといえどもバンカラ・自由な校風と周辺の街も含めた早稲田の街の雰囲気に魅力を感じる受験生も多いようです。
この「わせまちブログ」、地方からのアクセスも結構あります。ご覧になられている受験生もいらっしゃるのかもしれません!

そこで、今回は「わせまち事務局」おすすめの早稲田のまちの飲食店をご紹介します!あの「珍味」が閉店しても、まだまだ早稲田の町には名店揃いです。
オープンキャンパスで早稲田の街の飲食店巡りもしてみましょう!

■キッチンブン■(早稲田キャンパス正門を出て左へ。大隈通り中程。)
アツアツの鉄板でジューシーなハンバーグとオムライスのお店。
「早稲田祭2009運営スタッフ代表」もおすすめと学内広報紙で紹介されました。
とろける卵と牛肉に大満足の「ビーフオムライス」がおすすめ。
http://wasemachi.com/shop/bun.html

■三品食堂■(早稲田キャンパス西門を出てすぐ。)
早大生の誰もが知っているといっても過言ではないお店。
牛めし、トンカツ、カレーの”3品”の組み合わせでメニューが決まります!
オープンキャンパスでは全部欲張れる「カツミックス」がおすすめ。
http://wasemachi.com/shop/sanpin.html

■ULTRA CAFE■(早稲田キャンパス北門を出て右手すぐ。)
最近の学生さんはおしゃれなお店も大好き!ここは早稲田のダイニングカフェの発祥のお店です!アルコールもあるから親御さんと一緒でも大丈夫。
ここでは人気NO1らしい「うるとら風親子丼」を注文しよう。
http://wasemachi.com/shop/ultra.html

ということで、厳選3店のみのご紹介ですが、早稲田にはまだまだ数え切れない名店があります。あとは入学後のお楽しみ♪
posted by わせまち記者2号 at 23:20| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

どんな時でも・・・早稲田の街の消防団

まだ煙がくすぶる早稲田の街の火災現場

これは、この「わせまちブログ」を書くわせまち事務局メンバーが遭遇した、早稲田で起こった火事でのエピソードである。

火事があったのは先週の金曜日、26日の午後10時前のことである。早稲田通りから一歩奥まった住宅街で発生。
十数台の消防車が出動。午後10時の早稲田大学学生会館の閉館前後ということもあり帰宅する早大生も多く、辺りは一時騒然とした。

現場から数百メートル離れていた飲食店でたまたまお酒を交わしていた地元・早稲田の消防団の人たち、1台の消防車がサイレンを鳴らして通った時こそあまり気にかけてはいなかったが、その後2台目、3台目と通るとお酒のほろ酔いはすでに消えていた。現場の位置の確認、仲間の消防団員への電話、、、すぐにお店を飛び出した。

お酒を飲んでいたので、車を運転する活動や、前面に出ることはできない。それでも自分自身の早稲田のまちを守るために、すぐに現場に駆け付けた。
様子を確認し、すぐに自宅に帰って消防服に着替え消防団の活動を開始。火災現場に集まるやじ馬の整理など、後方支援に全力を注いだ。

早稲田の街の安全のために常にアンテナを立てている消防団のみなさんに感謝したい。
posted by わせまち記者 at 22:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

早稲田のまちに広がる神田川のさくらと早稲田川柳

花見客でにぎわう早稲田の神田川沿いの桜並木

今年の東京の桜は開花後寒い日が続いたため長持ちしています。

早稲田の町・神田川沿いに広がる桜並木も桜吹雪が舞い始めたもののまだまだ見頃です!
満開となった後の週末の4日、5日には多くの方が訪れ、早稲田の街は大いに賑わいました!

そして、早稲田の神田川沿いのもうひとつの名物が「早稲田川柳」。
地元の小学生からお年寄りまで様々な方の名句迷句の傑作が花見客の楽しさを倍増させます。

今回はわせまち事務局が勝手に選んだ「早稲田川柳ベスト3」をご紹介!

■新銀行東京の責任は?
銀行に新をつけたら大火傷

早稲田川柳傑作集1


■ニッポンの女性は強し!
オレオレよりワタシワタシがより怖い

早稲田川柳傑作集3


■やっぱり子どもたちの心の純粋さがいいですね
水稲荷小鳥のさえずり聞こえるよ

早稲田川柳傑作集3


早稲田のまちの花見はみんなが楽しめる花見です!!

※4月5日(日)開催の早稲田さくらまつり・鶴巻町フェスティバルの様子は後日「わせまちブログ」でお届けします!
posted by わせまち記者2号 at 08:17| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

早稲田の茜屋珈琲店が閉店

早稲田の茜屋珈琲店ではあのモデルさんもアルバイトをしていた

地下鉄早稲田駅の階段を上がり、穴八幡・三朝庵の方向に歩くと右側にあるレンガ色のタイルが貼られた建物。ここの地下に「茜屋珈琲店」があった。

マスターのYさんは早実(早稲田実業学校)出身で早稲田界隈随一の”早稲田通”でも知られていた。

店内のカウンターには数え切れないほどのコーヒーカップが吊られており、軽井沢の高原をイメージした空調とアンティーク調の内装にクラシックの音楽が流れる茜屋珈琲店の雰囲気そのままに、数々の早稲田関連グッズや本、大学スポーツから早稲田の街のイベントまで数々の写真が保存されており、マスターのこだわりのある独特のトークが、早稲田大学の古くからの教職員や多くの学生に愛される店となっていった。
こうした様子は最近発行された早稲田大学の卒業生の会報誌「早稲田学報」でも紹介されたほどだ。

この早稲田の「茜屋珈琲店」、実は先月中頃に突然閉店したのである。

神戸や軽井沢で有名な「茜屋珈琲店」は、のれん分けのお店が全国各地にある。早稲田もその一つだった。
早稲田のまちの超名店の閉店に、その驚きは新年度が始まった4月になると出るだろう。
一体この店に何があったのだろうか?そしてあのマスターは今どこにいったのだろうか?

現在は「テナント募集」の看板が貼られ、入口は鉄板に覆われている。
不況の波が早稲田の街を襲う姿かもしれない。
posted by わせまち記者 at 20:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

飲みすぎにご注意

飲みすぎにご注意

10月に入り、早稲田大学では各サークルによる秋の新人獲得に向けた活動に入るところも多い。
また、11月には早稲田祭もあり、そうなると機会が増えるのが「お酒を飲む機会」である。

毎年全国のどこかの大学生が過度な飲酒による急性アルコール中毒で命を失うという事実がある。もちろん、早稲田大学でも例外ではない。
4月の新歓コンパの時期には早稲田のまちでも酔いつぶれる学生、路上で嘔吐する学生などがみられ、大変見苦しい光景を早稲田の町の皆さんにさらしていた。

現在早稲田の街のお店には、早稲田大学学生有志によるキャンペーンポスターが貼られている。

未成年にはお酒を飲ませない、他の人にお酒を強要しない、周りにお酒に酔った人が出たら介抱する。

当たり前のルールを守って楽しいお酒にしたいものだ。
posted by わせまち記者 at 20:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

秋めく早稲田

早大演劇博物館前で写生する皆さん先週末から一気に秋めいてまいりました。

秋の晴天に恵まれた27日、土曜日。
早稲田大学構内では大隈講堂をはじめ、演劇博物館、大隈銅像などを
キャンバスにおさめようと多くの方が写生を行なっていました。
芸術の秋ですねえ〜♪

これから木々の葉も黄金色に色づきはじめると早稲田のまちにはいい風景がいっぱいになります。
posted by わせまち記者2号 at 20:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

緑深まる今日この頃

新緑.JPG緑深まる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

早稲田の街もだいぶあたたかくなり、今日は暑いぐらいですね!
暑いときは公園でのんびりというのもいかがでしょう。

早稲田には2大庭園「甘泉園公園」「大隈庭園」があります。
暑さをしのんで涼しい気分に庭園でのんびりもいいですね。

■関連サイト
http://www.wasedatown.jp/2006/teien.html
posted by わせまち記者 at 16:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

着々と早大卒業式・入学式の準備

早稲田大学の卒業式(25日)、入学式(4月1日)が近づき、大学も着々とその準備が始まっているようです。

大学の周辺には近隣住民の皆さんへあらかじめ「おことわり」の看板が!!

早稲田大学より近隣の方へ.jpg


賑やかになってすみませんがご容赦を!というものです。
近隣の皆さんもこの両日は早稲田大学の卒業、入学をお祝いしましょうね♪
posted by わせまち記者 at 23:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

早稲田の環境まちづくりの功労者亡くなる

つい先日、ある方が他界されました。

早稲田の街は一部では「環境のまちづくり」で高い評価を受けていることで知られています。これは、1996年に早稲田の商店街が主催して始めたイベント「エコサマーフェスティバルin早稲田」(現在の「早稲田地球感謝祭」)を発端に、環境、特にごみの問題に意識した活動を取り組もうと早稲田の商店街が中心になり動き出したことからはじまります。この方からは地元新宿区の立場から多大な支援と協力をいただきました。早稲田の街が様々な活動をする中で新宿区との橋渡しの役をおつとめになることもありました。

新宿区役所つつじ連(神楽坂まつりより)また、この方は、踊りが大好きで自らの職場で呼びかけ、阿波踊りの「連」を結成。神楽坂まつりをはじめとした新宿区内外のあらゆるおまつりに出演。
早稲田では、2001年〜2003年にかけて「早稲田地球感謝祭」に参加したほか、この年新たに復活した「早稲田祭2002」にも参加し、早稲田の街を大いに活気づけました。

こうした早稲田のまちづくりの功労者が亡くなったことは残念ですが、故人の遺志をしっかりと継いでいく早稲田の街であって欲しいかと思います。

心からご冥福をお祈りいたします。

■新宿区役所つつじ連
http://www.tsutsujiren.com/index.html
posted by わせまちサポーターズ at 09:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


★Pingoo!★
currentBlogList
Pingoo!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。